カリキュラム

生物化学科のカリキュラム

カリキュラムはどうなってるの?

生物化学科に入学した人には、化学には自信があるけれど、高校で生物を選択しなかった人 、生物は、得意だけれど化学は苦手な人など、いろいろな新入生が入学しています。
そこで、生物化学科では、化学もしくは生物学の基礎を復習するための化学概論や生物学概論を開講しています。さらに、入門化学や入門生物学など、基礎を充分に鍛えるための講義も開講されています。

これらの講義を受講することにより、苦手な科目を克服し、後期には専門科目へ進むことができます。1年次では、基礎科目、人文社会科目や外国語、さらに教員免許取得希望者は、取得のための関連科目等を履修します。2年次からは、基礎専門科目を中心に、3年次では、より深い専門性を身につけるために、生物化学実験や、より専門性の高い選択科目を自身の興味にあわせて学習することが出来ます。
4年次には、大学生活の総仕上げとして、生物から化学、環境にわたるまで幅広い分野の専門研究室で1年間、卒業研究を行います。
▼ 各年次の概要へ(本ページ内)

開講科目

赤色が必修科目、青色が選択必修科目(いくつかを選択可)、黒字が選択科目です。

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 生物化学I
  • 有機化学I
  • 有機化学II
  • 分析化学I
  • 情報リテラシーI
  • 情報リテラシーII
  • 化学概論
  • 生物化学概論
  • 生物化学トピックス
  • バイオテクノロジー概論
  • 化学基礎実験
  • 入門化学
  • 入門生物学
  • 細胞生物学I
  • 微生物学I
  • 生物無機化学I
  • 細胞生物学II
  • 生物化学II
  • 生物化学III
  • 分析化学II
  • 環境生態学
  • 有機化学III
  • 有機化学IV
  • 分子遺伝学I
  •  
  • 分子遺伝学II
  • 進化生物学
  • 天然物化学
  • 環境生物化学
  • 生物化学実験I
  • 生物化学実験II
  • 生物化学実験III
  • 生物化学実験IV
  • 微生物学II
  • 生物無機化学II
  • 生化学計算法
  • 機器分析法
  • 生物化学的分析法
  • 遺伝子工学
  • 植物科学I
  • 植物科学II
  • 免疫学
  • 応用微生物学
  • 応用酵素学
  • 食品機能化学
  • 生物有機化学
  • 生物的環境保全論
  • 薬品応用化学
  • 薬品合成化学
一般教養科目 人文科学分野/社会科学分野/
スポーツ科学分野など
外国語 英語/ドイツ語/フランス語
中国語/ハングル

各年次の概要

大学での進級や卒業は単位習得によって決まります。生物化学科を卒業するには、合計124単位以上を習得することが必要です。授業は前期と後期にわかれて開講されており、たとえば、前期の授業1科目を受講して試験に合格した場合、2単位として認定されます。つまり、卒業研究や実験などを含めて、卒業までの4年間におおよそ、55-60科目の講義を受講する必要があります。また、2年次前期までは、専門科目以外に教養を深めるための人文社会科目や、語学も履修することになります。さらに、教員免許や博物館学芸員資格の取得を希望する場合は、教員免許、学芸員資格の関連科目や、教育実習を履修することになります。
教職学芸員センターへ(別ウィンドウ)

1年次

1号館 生物化学科
1号館 生物化学科

1年次前期では、主に幅広い教養を身につけるため、語学や人文社会科目などの一般教養科目、また、教員免許を取得する人は教育学原論や教育心理学などの教職科目を学習します。
1年次後期からは、有機化学や、生物化学、分析化学などの基礎的な専門知識を習得するための必修科目を学習します。

2年次

講義風景
講義風景

2年次では、必修の専門科目の開講が多くなり、細胞生物学、微生物学などの生物学の必修専門科目、生物無機化学、生物物理化学などの化学の必修専門科目を授業をうけることになります。また、自分の興味によって、分子遺伝学、生物有機化学や進化生物学などの選択科目を選んで授業をうけることができます。授業では、生物の遺伝の仕組みや、その遺伝物質の本体であるDNAの構造など生物学と化学の両面から、生物の仕組みを理解していきます。

3年次

3年次は、多くの選択専門科目が開講されます。生物学、化学のそれぞれについて、興味のある科目を履修することになります。また、火曜日と金曜日の午後は、1年を通じて、必修の生物化学実験を履修します。2年次までの講義で学習した知識をもとに食品成分の分析、遺伝子組み換え、医薬品合成などの実験を行います。

生物化学実験 生物化学実験
生物化学実験

4年次 卒業研究

生物から化学、環境に至るまで幅広い9分野から専門研究室を選択し、3年間に授業で学んだ専門的知識を生かして、各研究室で最先端の研究に取り組みます。研究室では最先端の研究テーマについて、充実した最新の研究機器を駆使して研究し、卒業論文として研究成果をまとめ発表します。

  • 生理活性物質の合成
    生理活性物質の合成
  • クリーンベンチでの無菌操作
    クリーンベンチでの無菌操作
  • DNAシーケンサー
    DNAシーケンサー
  • ホーム
  • 学科の紹介
  • カリキュラム
  • 資格・免許
  • 卒業後の進路
  • 研究室・教員
  • 連絡・問い合わせ