学科の紹介

生物化学科とは

 現代社会のかかえる医薬・食糧・環境といった諸問題の解決に、バイオサイエンス&バイオテクノロジーの知識や技術が必要とされています。
 私達の「生物化学」は、理学・工学・農学・医学・薬学などの幅広い学問分野を相互に関連・融合させた新しい学問領域で、化学を基礎とした生命現象の理解とその応用技術の開発を目的とします。本学生物化学科では、遺伝子組換え、機能性食品、新薬開発、環境対策などの諸分野で活躍できる人材、また科学的な思考力をつけるだけではなく、自然と調和し生命の尊厳を大切にする人間性をもった人材の育成を目指しています。

特色ある教育研究システム

  • 高校化学・生物の未履修者のためのリメディアル教育
  • 基礎科目の徹底理解を目指す習熟度別クラスの編成
  • 最先端分野をふくむ多彩な選択科目
  • インターンシップによる企業・公共研究機関での体験実習も履修可能
  • 充実した最新研究設備を用いた卒業研究

時代のニーズに合わせ進化を続ける生物化学科

  • 昭和63年 生物化学科の誕生
  • 平成 4年 大学院生物化学専攻の設置
  • 平成11年 生物化学専攻、臨床生物化学専攻の2専攻を設置
  • 平成16年 2専攻が生物化学科と臨床生命科学科に分離独立
  • ホーム
  • 学科の紹介
  • カリキュラム
  • 資格・免許
  • 卒業後の進路
  • 研究室・教員
  • 連絡・問い合わせ